ニベアをどのように使っているかのアンケート結果

どのようにニベアを使っているかの口コミ情報を集めてみました。

これからニベアを使う方の参考になれば幸いです。

 

ニベアパックをする時には化粧水はハトムギ化粧水など安めの化粧水を使用します。

もちもちになるまで化粧水をつけてからニベアをベタベタになるまで塗りこみます。

塗りこんだ際、顔のリンパを少し痛くなるぐらいにマッサージをします。

滑りがいいのでマッサージしやすいので。そした濡れたタオルをレンジで10秒(冷たかったら自分で調整してください)温めて、火傷をしないように顔に乗せます。

すると化粧水とニベアが浸透してさらにもちもちになります。

そしてタオルが冷たくなったらもちもちしているか確認します。

ニベアがベタベタするのが気になる人は少しタオルで拭き取ってもいいです。

足りない人はさらに塗り込んでもいいです。かなりもちもちするので本当におすすめです。

 

本来のニベアクリームに、肌荒れとか乾燥とか肌を守るスキンケアクリームなので保湿成分とか保護成分が含まれているクリームなので顔にパックしてもいいのかなぁと思います。

私がニベアパックをするやる方は、お風呂でパックします。

パックをする前に体を温めるために湯船につかって体を温めて血行を良くします。

それから、顔にニベアクリームをたっぷり塗ります。

そして、5分?10分くらい湯船につかります。

ニベアクリームは顔が白く塗るくらいがおすすめです。

時間がたったら軽く拭き取ります。

それで、洗顔して終了です。簡単だし全部お風呂の中で出来るのでおすすめです。

ぜひやってほしいと思います。

 

肌荒れがひどく、手軽にできるスキンケアはないかと探していたところ、ネット記事で「ニベアパック」というものを発見しました。

乾燥肌な私は、常にニベアを家に置いてあるのでとりあえずやってみよう、と試してみました。

やり方は何種類かあるみたいでしたが、私はお風呂でやりました。

まず、メイクを落とします。

そのあとに洗顔をして、顔の水分と手についた水滴をタオルでよくふきます。

そしてニベアクリームを顔にまんべんなくぬります。

目と口の周りは避けて量は、なじませないというか、白いクリームが残る感じでぬります。

そして他のパックと同様、15分?20分ほど置きます。

時間が経ったら洗い流して、保湿をして終わりです。

体験してみた感想は、しっとりかんはありましたが、肌荒れには効果がないような気がします。

そもそもニベアに肌荒れを治す効果はないですもんね。。。

ニキビに効くのかと勘違いしていました。

しかし、やっぱりしっとり感はあり、ハリも出たような気がしました。

次の日のメイクのりも良いです。